読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デモディスク

VIVER

MacBookが予想外に早く返ってきて、Parallelsが使える。
Gigabit Ethernetだと500MBのディスクイメージも数秒で送れる。スバラシイ。


よしよし…これは良い。


今のところMacBookも落ちないし、順調順調。


ん?500MBのディスクイメージが数秒で送れるということは、サーバーからディスク全体をRAMにキャッシュしてくるのも数秒で終わるということか。
1GBくらいメモリを積んだマシンであれば、起動プロセスのバックグラウンドでキャッシュすると効果がある? そうでもない?
KDEGNOMEを起動するころには全部キャッシュされて、オンメモリから起動→すさまじく速い。そんなうまい話は無いか。


Accelerated-KNOPPIXも気になるけど、readaheadというプログラムも前から気になっている。
でもキャッシュって、

dd if=/dev/nbd0 of=/dev/null

じゃダメなのかな。間違いなくシーケンシャルリードになるし。


うーむ。試せば分かるか。
VIVERの途中でデバッグシェルを起動して、dd if=/dev/nbd0 of=/dev/null & とやってexitすれば良いのかな。