読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Partty!.org始めました - みんなでペアプロできるサービス

今操作しているターミナルを共有できるサービスPartty!.orgを始めました。


Partty!.orgソフトウェアを使ってシェルを起動すると、Webブラウザやtelnetコマンドを使って、その操作の様子が見られるようになります。パスワードを入力すれば、そのまま操作することもできます。



操作の様子は録画されているので、後から再生することができます。↑このようにブログに貼り付けることもできます。


ペアプログラミングにはぴったりです。同じディスプレイをのぞき込んだり、二人が同じ場所に並んでいる必要もありません。「ちょっとコレ見て!」とPartty!.orgのURLを送るだけで、とても気軽に始められます。


とりあえず録画してブログに貼りまくる、というスタイルもオススメです。


Partty!.orgソフトウェアを入れるだけで始められるので、ぜひご利用ください。

ご意見・ご感想がありましたら、このブログのコメント欄かコメントページまでお願いします。


セッションを主催する

セッションを主催してターミナルを共有するには、Partty!.orgソフトウェアをダウンロードして、partty.orgコマンドをインストールしてください。

注意:partty.orgコマンドを起動すると、操作画面がPartty!.orgで配信され、誰でも見られるようになります。パスワードや機密情報を表示しないように注意してください。

Mac OS XLinuxの場合

コンパイル済みのパッケージをインストールするか、ソースコードをダウンロードして./configure && make && make install でコンパイルしてください。
gccのバージョンが4.1未満の場合は、boostライブラリをインストールして(yumやurpmiなどでboost(-devel)パッケージをインストールすればOK)、./configureに「--with-boost」オプションを指定してコンパイルしてください。

Windowsの場合

コンパイル済みのパッケージが便利です。ソースコードをコンパイルするにはCygwinとboostが必要で、./configureに「--with-windows」オプションを指定してコンパイルしてください。

partty.orgコマンドの使い方
$ partty.org  [options]  [command...]

  options:
    -s <session name>
    -m <message>
    -w <operation password>
    -c <lock character>

partty.orgコマンドを実行すると、[command...]引数で指定したプログラムが起動し、その動作がPartty!.orgで配信されます。[command...]引数を省略するとシェルが起動するので、通常は引数無しでpartty.orgを実行すればOKです。

$ partty.org
-s
セッション名を指定します。省略するとpartty.orgコマンドの起動時に尋ねられます。
-m
短いメッセージを指定します。Partty!.orgのセッション名の一覧に表示されます。省略するとユーザー名が使われます。
-w
他の人がセッションを操作するためのパスワードを指定します。省略するとpartty.orgコマンドの起動時に尋ねられます。パスワードは暗号化されずに送られます。また、パスワードを設定できるのは操作のためだけで、見るだけならパスワードを入力せずに誰でも見られます。
-c
他の人がセッションを操作するのを一時的にロックするためのキーを指定します。デフォルトは']'になっており、Ctrl+]でロックできます。


Partty!.orgソフトウェアのインストール:

http://www.partty.org/session/install-partty/2008/03/13/02/42/16


セッションに参加する

共有されているターミナルを見るには、Partty!.orgのトップページにある「Active Session」に表示されている一覧から、参加したいセッションを選んでください。左側にターミナル画面、右側にIRCのチャット画面が出てきます。


パスワード入力欄にパスワードを入力して「Connect」ボタンをクリックすると、そのターミナルを操作することができます。*1


telnetを使ってセッションに参加することもできます。www.partty.org7777番ポート(ラッキーポート!)に接続してください。

$ telnet www.partty.org 7777

Windowsから接続するときは、Partty!.orgソフトウェアに入っているguest-partty.orgが便利です。(※中身はputty

接続するとセッション名を聞かれるので、参加したいセッションのセッション名を入力してください。
次にパスワードを聞かれます。見るだけでいい場合はそのままEnterキーを押してください。

*1:Flexターミナルエミュレータで日本語を入力するには、ターミナル画面の下にある「Command」タブにある入力欄に入力してください。通常のキー操作なら直接ターミナル画面に入力できます。